濃いのと薄いのと混ぜたのと。

濃い顔の父と薄い顔の母、その二人の子供たちの日常をのほほんと綴った絵日記ブログです。

2013年11月

20131128-01.jpg
20131128-02.jpg

私自身、姉妹が多かったのでおさがりに対する抵抗がないんですが、
人によっては嫌なもんですよね。
腹の中から全力拒否の声を聞いた気がしました。

とまぁ、そんな訳で、お腹の中の子は男の子の予定です。
バリバリの女系家族出身な私からは想像の出来なかった展開です。
周りは誰一人としてこの展開を予想してませんでした。
女五人を育てた私の父に至っては『産まれるまで分からん』と未だ信じてません(笑)
そろそろ信じてくれよお父さん…!

何だかんだ言ってはいますが、また子供の洋服を一から揃えられるのが嬉しい私です( *´艸`)
男の子の服は女の子の服と違った良さがありますなあ。じつに楽しいっす。
姉弟で良い感じでお揃いとかも着せたいな〜。センスください。

あと、新生児サイズの洋服を眺めながら、
『コウもこんな小さかったのか…』としみじみ思ったりもしてます。
多分二人目以降あるあるな感情だと思われます。


****
このブログをまとめた本を作りました。今月末までお申し込みを受け付けてます。
詳しくはこちら。


****
↓ランキングに参加してます。
気が向いた時にでも押して貰えたら嬉しいです。

banner.gif

追記で拍手のお返事です。
続きを読む

20131126.jpg

今日のコレは漫画っていうよりも、その発想はなかったって驚きをただ絵にしただけでござる。

『カスタネット=音を鳴らすもの』っていう事しか考えずに渡してみたら、
頬に手をやって化粧みたいな事をやってくれました。
コンパクトみたいに見えるのかーとプチ衝撃。面白かったです。
自由な発想って良いな。

こんな感じで、最近の娘はお化粧にも興味があります。
クリスマスプレゼント候補がどんどん増える…!
そろそろ何にするのか真剣に考えなくては〜ヽ(・∀・)ノ
私の姉妹が今年のクリスマスに向けて超はりきってます(笑)どうなるのか。
今年のクリスマス、私も一緒に過ごせると良いなー。
その頃は予定日まで一週間切ってるからどうなるってのか本気で分からん状態です。
もうすぐ臨月。ドキドキします。


****
このブログをまとめた本を作りました。今月末までお申し込みを受け付けてます。
詳しくはこちら。


****
↓ランキングに参加してます。
気が向いた時にでも押して貰えたら嬉しいです。

banner.gif

20131123-01.jpg
20131123-02.jpg

以前寝た振りをした時はこんな感じだった娘ですが、
最近は逆に私を寝かしつけようとしてきます(●´艸`)
眠い時は割と本気で『あーこのまま本当に寝てしまいたい』という気持ちになってしまうという。
寝かしつけは毎日が戦いであります。

****
このブログをまとめた本を作りました。
詳しくはこちら。


****
↓ランキングに参加してます。
気が向いた時にでも押して貰えたら嬉しいです。

banner.gif

昨日の記事で触れた通り、春頃から言っていたブログまとめ本を本当に作ってみました。
エイプリルフールでしたーなオチではなくなりました。
実行出来た事に私が一番驚いているかもしれない現実。

今日の記事はそれについての話になります。
興味あるよーっていうお方は↓『続きを読む』のクリックをお願いします。
続きを読む

とってもお久し振りです。
更新しなさ過ぎで広告が表示されてしまい焦ってました。
こんな更新の無い中、覗きにきて下さった方ありがとうございました&放置し過ぎてすみませんでした。
今日からまた普通に更新していきたい気持ちではあります。気持ちだけはあります。本当に。


****
最近のはなし。
コウはお腹の赤ちゃんの事を何となく分かってるっぽくて、
『赤ちゃん何しとると〜?(何してるの?)』とか聞いてきたりします。
その流れでの話↓

20131119.jpg

もしかして:腸の動き

私がよく『今赤ちゃんが動きよるよー』とか言ってるので、自分もそんな気になってきた模様。
ニコニコしながら言われるとこっちも突っ込むよりもノリたくなってくるってのが母心というか。
コウの腹をさすりながら一緒に笑うっていう流れが出来てきました(笑)
こんな感じでまったり妊婦ライフをおくってます。


****
話は全然違いますが。
前々から言っていたブログまとめ本がやっとこさ完成しました。
明日辺りに改めて告知?を更新しようと思いますので、
興味のある方はまた覗いてみて下さいませ。


****
↓ランキングに参加してます。
押して下さっていた方へ、本当にありがとうございました!!

banner.gif

このページのトップヘ